note.x

[PV3D][Away3D] ねぎミク再トライ

e_negimiku2.jpg

前回の続き。
元データのままじゃ重いので、mqoインポーター使ってBlenderに読み込んで再編集した。
元データはエッジ表示用のポリゴンが貼られてたんだけど、多少のディテール低下はやむを得ないのでこれを丸ごと削除、さらに目立たない部分をチマチマ削除したりして何とか△987まで減らした。フォルムを殺さずにローポリ化するってのはそれだけでかなりの職人芸だわ。上手い人はもっと少ないポリゴン数で作れるんだろうな。
ローポリ化した後、PV3Dで簡易的にZ-Sortの弱点をカバーするdisplayObject3Dの「meshSort」プロパティを使う為に「髪の毛と上半身」「顔と下半身」を別のノードに分けてCollada出力した。結果は以下。

ねぎミクPV3D改善版(要:FlashPlayer9)

前回と比べてパフォーマンスもちょっと向上、さらに髪の毛のポリゴン欠けはかなり軽減した。meshSortプロパティは、わりと使いどころが難しいけど丁寧にやればもう少しポリゴン欠けを押さえられそうだ。

ポリゴン数を半分以下に減らしたんで、Away3Dでもなんとか動くようになった。
ねぎミクAway3D改善版(要:FlashPlayer9)

とはいえ重いのは変わりない。CORRECT_Z_ORDERレンダラは強力だけど、相当ポリゴン数が少なくないとダメか。Away3DにはmeshSortが無いので、パフォーマンスと品質を両立させた上でこの手のキャラクタを動かしたい場合、モデリングの時点である程度工夫が必要と。PV3DはmeshSortを上手く使うことを心がけるのがコツっぽいな。


Trackback URL : http://blog.r3c7.net/as3-software-rendering/120/trackback/

COMMENTS

  1. てんごく - 2007.10.29 20:43:13

    おー、ちゃんと動きますね~。△1000ぐらいいけるんだったら、がんばればプレステ1ぐらいならゲーム作れるかもしれません。ふふふ

  2. rect - 2007.10.30 4:26:31

    >てんごくさん

    どーもー。
    キャラクタ1つだけならどうにかって感じですねぇ。

    ゲームとなると
    http://www.burg-halle.de/~st2520/
    とか
    http://blog.alternativagame.com/en/2007/10/25/3d-engine-demo/
    とかみたいに、ビルボードというか3Dスプライトを多用するような感じになるんでしょうか?

  3. てんごく - 2007.10.30 12:25:01

    alternativagame過去ブログも見てみました。よくがんばってますね~。参考になります!
    前サターンで格闘ゲーム作ったときは、キャラ2体+地形でたしか△1000ちょいこえぐらいだったなので、
    作るゲームの種類選べばスプライトじゃなくてもいけるかもしれないです。
    ねぎミクにボーン入れて戦わせてみたいですね!

  4. rect - 2007.10.30 15:26:36

    >キャラ2体+地形でたしか△1000ちょいこえ

    なるほどー。当たり判定とか考えると表示用に△1000はキビしそうですけど、なんか作れそうな感じがしてきました。情報ありがとです!

Leave a Reply