note.x

Froce55ingをFlexSDK3で

たまには3D以外のこともやってみるべーということで、NUTSUさん作の、Processing気分を味わうAS3.0ライブリラリ「Frocessing」で遊んでみた。

nutsu/Frocessing – Spark project

svnリポジトリに上がってるサンプルが .flaファイルしか無いので、FlexSDKで扱う方法を模索。とりあえず F5MovieClip2DとかF5MovieClip3Dを継承しとけばいいみたいだということにオレの中で結論づいたので、なんぞ作ってみる。

で、これまたP5ライクな「NodeBox」のサンプルを移植して若干イジったのが下記。
Hello Froce55ing(要:FlashPlayer9)

package
{
    import flash.display.*;
    import frocessing.display.F5MovieClip2D;
 
    public class main extends F5MovieClip2D
    {
        private var count:int;
 
        public function main()
        {
            stage.frameRate = 30;
            stage.align = StageAlign.TOP_LEFT;
            stage.scaleMode = StageScaleMode.NO_SCALE;
 
            super();
            QBest();
        }
 
        public function draw():void
        {
            clear();
            background(255,255,255);
 
            count++;
            translate(fg.width/2, fg.height/2);
            fill(0, 153, 230, 0.1);
            stroke(0, 153, 230, 0.4);
            strokeWeight(0);
 
            for (var i:int = 0; i < 150; i++)
            {
                var x:Number = random(fg.width/2, -fg.width/2) * cos(radians(count));
                var y:Number = random(fg.height/2, -fg.height/2) * cos(radians(count));
                var r:Number = cos(radians(count)) * 50;
                circle(x,y,r);
            }
        }
 
    }
}

ステージプロパティ設定してるあたりがかなりビミョーだけど、こんな感じでいいのかなぁ?FlashIDEのドキュメントクラス設定と同等のことってFlexSDKで出来るのかしら。このあたり激しく勉強不足でワカンネー。けど動いたからまぁいいや(えー)

もっとP5っぽいものを、と思ってストレンジアトラクタ系ネタも作ってみたものの、lineで描画しまくったら予想通りのブラクラになっちゃったんで静止画のみで。

setBmpMode()を使えばBitmapが描画対象になる…のか?軽くする方法が解かるまでひとまず保留っと。

FlexSDK3 + Rascut + mi という修行僧のような環境でもそこそこ楽しめた。
でもまぁ素直にFlashIDEつかってフレームスクリプト書いたほうがシンプルに書けて、よりP5気分に浸れるのかも。ただこれ、慣れちゃうとAS3.0本来のシンタックス忘れるわ、間違いなく確実にオレは(笑)


Trackback URL : http://blog.r3c7.net/as3-software-rendering/206/trackback/

Leave a Reply