note.x

Where is the Stage3D system requirements

FlashPlayer11の動作に必要なシステム構成は、http://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/tech-specs.html で公開されてるんだけど、Stage3DのGPUアクセラレーションに対応した環境についての明確な情報が見つからない。

Stage3Dが開発コードネーム“Molehill”としてお目見えした際には「DirectX9, OpenGL1.3, OpenGL ES2.0(モバイル) に対応したグラフィックカードを搭載してること」みたいな案内があったんだけど、正式公開時のリリースノートにそういった記述は無い。Known Issuesとして多少の情報が載ってる程度。

リリースノートやらWeb上の情報で見かけたものから把握できたのは

  • Mac OS X では、Intel GMA、ATI Radeon x1600、ATI Radeon 2400 が非対応。
  • VIA チップセットはサポート外。
  • Linux ではGPUアクセラレーションに非対応。
  • 2009年以前にリリースされたカードはサポート外?ドライバの更新日の話?
    (via: http://cuaoar.jp/2011/09/starling-actionscript-3-1.html

といった具合。

MacやLinuxに関しては動かない環境が(特にLinuxは残念な方向に)明確だけど、Window環境についてはかなりアバウトな感じ(オレが見つけられなかっただけかもしれないけど)。http://www.techpowerup.com/gpudb/ で、2009年以降のGPU拾っていけばそれなりに絞り込みができそうな気もするけど、主にWinの場合なんかだとサポート外であっても(ドライバがアップデートされたりして)動作するケースもありそうな気がするし、実際のとこどうなのかが知りたい。

Adobeが「動作確認済GPUリスト」みたいなものを公開してくれることを期待しつつ、個人的にログを取ってみることにした。

Stage3D Hardware Acceleration Test(要:FlashPlayer11)

上記のデモをGoogle Chromeでブラウズすると、WebGL対応の環境なら自動的にGPU名を取得して情報を登録します。WebGL非対応の環境や、GL_RENDERERの戻り値でGPU名が受け取れない場合、もしくはChrome以外のブラウザで閲覧した場合は、手入力でGPU名を登録できるようになっております。登録されたGPUは http://blog.r3c7.net/stage3davailablegpu/ で確認できます。

FP11Betaの時のように Context3D.driverInfo でGPU名が取得できればこんな回りくどいことをしなくて済んだんだけど、他に良い方法が思いつかずWebGLのgetParameterでレンダラを取得してる。なのでWebGL非対応環境と、レンダラ名が「mozilla」とか「ANGLE」、「WebKit WebGL」になってしまうケースでは手入力してもらうしかないという状況。
もっといい方法があればどなたかご教示いただけるとありがたいです。

2011.10.20追記
やっぱり探せてなかった。Adobeの中の人 Andy Hall さんにTwitter経由でStage3Dのハードウェアアクセラレーションをサポートしない環境についての記事を教えて頂きました。
http://kb2.adobe.com/cps/921/cpsid_92103.html
現状は、これらの環境でGPU使えないことを承知した上でコンテンツを作る必要があると。

Stage3D hardware accelaration available GPU listの方は動作実績リストとして一応の意味があると思うので、引き続き情報提供いただけるとうれしいです。


Trackback URL : http://blog.r3c7.net/as3-stage3d/593/trackback/

COMMENTS

  1. imztry - 2011.10.18 0:32:16

    ご無沙汰しています。
    非対応でしたが、手入力のダイアログが出なかったもので以下に。
    Mac OS X ATI,RadeonHD2400
    記事内に「ATI Radeon 2400  非対応」と書かれていますが、HDの有り無しで異なるものなのか分からなかったので、一応コメントしておきます。

  2. rect - 2011.10.18 1:21:33

    >imztryさん

    コメントありがとうございます!情報提供とても助かります。
    「ATI Radeon 2400」の表記はリリースノートに従ったものですが、おっしゃる通りRadeon HD 2400のことを指しているんだと思います。

    それで、確認なのですが、
    「手入力のダイアログが表示されず、テクスチャの貼られた立方体が表示される」
    という動作をしているということでしょうか。

    また、お手間を取らせるようで恐縮なのですが、ChromeのURL欄に「chrome://gpu-internals/」を入力した際に表示されるDriver Informationの「GL_RENDERER」の値を教えていただけると助かります。

  3. imztry - 2011.10.18 2:44:27

    デモを表示すると、真っ黒な画面にエラーメッセージが表示されるだけです。
    こんな感じです。
    http://dl.dropbox.com/u/3242395/ishot-3.jpg

    「GL_RENDERER」の値は、「ATI Radeon HD 2400 XT OpenGL Engine」です。

  4. rect - 2011.10.18 3:36:12

    >imztryさん

    フィードバックありがとうございます!
    GPUがStage3Dのハードウェアアクセラレーションに対応していない場合は、そのエラーメッセージが表示されます。その際は手入力のダイアログも表示されないようになっています。動作確認できたGPUのみリストに載せたいものですから。

    もしimztryさんの環境でhttp://www.chromeexperiments.com/webgl にあるデモが動作するのであれば、Radeon HD 2400 XTはWebGLには対応、Stage3Dのハードウェアアクセラレーションには残念ながら非対応ということになりますね。

  5. imztry - 2011.10.20 9:10:59

    おっと、非対応もリスト化されているのかと、勘違いしていました。
    他のマシンでも試してみます。

  6. rect - 2011.10.20 13:36:04

    説明が分かりづらくてすみません。。
    ご協力いただいて感謝であります。

Leave a Reply