note.x

Beginning PV3D guide book for Flash3D contents develop

pv3dbasicbook

昨年末、yas@ClockMakerさんのご好意で「Flash3Dコンテンツ制作のためのPapervision3D入門」を献本していただき、年末年始に少しずつ読んだ。yasさんの太っ腹さに感謝。
あざーッス!

総じて懇切丁寧、全項カラーで超豪華。この本を隅々まで読み込んで実際に手を動かし、それでも理解できなきゃPV3D以前の問題なんじゃね?と、言えるくらい基礎から実践+αまで非常に盛りだくさんな内容でお腹いっぱい。PV3DのAPIを使いこなして、Flashコンテンツに3D要素をちょろっと加えたいだけならこれ一冊で十分。

ただ、説明の分かりやすさや冗長さの回避が優先されて、多少語弊のある記述もチラホラ見受けられるので(UVの解説とかシェーディング系Materialあたり)、ネット上に多数ある情報も併せて参照するとなお良い。このへんは入門書のジレンマですな。

「英語わかんね」とかいうモノグサ野郎もこれでバッチシ!PV3Dに興味のあるFlashデベロッパは、手元に置いて損は無いかと。


Trackback URL : http://blog.r3c7.net/misc/439/trackback/

Leave a Reply