note.x

APE(Actionscript Physics Engine)も触ってみる

来るべきPhysics時代(何)に備えてAPE(Actionscript Physics Engine)を触ってみる。とりあえず、パーティクル掴んでポイポイできるようにしてみた。もっと簡単にできると思ってたら結構めんどうだった。付属のデモにはマウスイベント絡めたものが無くて、GoogleGroup – APE Generalの「Tunnelling Problem w/ Interactivity」が参考になった。

e_apestudy.jpg

Ape_study.swf(要:FlashPlayer9)

なんか挙動がおかしいのを何とかしたいのと、もうちょっと軽くしたいところ。


Trackback URL : http://blog.r3c7.net/misc/97/trackback/

COMMENTS

  1. koxbox - 2008.06.23 19:04:27

    ご質問をさせていただきます。

    apeをよく理解していないのですが、このサンプルのパーティクルに画像やムービークリップを埋め込むことはできるのでしょうか?

    setDisplay()あたりでできそうな感じもするのですが、型変換のエラーが出てしまいまして。

  2. rect - 2008.06.23 19:32:04

    >koxboxさん

    自分も詳しいわけじゃないので、スカっと回答できなくて恐縮ですが、
    RectangleParticle.as あたりを参考に任意のDisplayObjectを割り当てられるクラスを作ったほうが早いんじゃないでしょうか。すみませんテキトーで。

Leave a Reply